【S15最終1915/588位】黄昏積みリレー

どうも千歳です。s15お疲れ様でした。納得のいく構築が組めたと思っていたら終盤全く勝てずで悔しい結果に終わってしまいました。書き残したい事が多かったので反省記事を書く事にします。 

 

f:id:purplebell:20210301215739j:plain

 

 

構築経緯

壁+積みで伝説を通す構築が強そうだったので積み構築を組み始めました。壁と相性が良くトップメタの伝説ザシアン ムゲンダイナ ゼルネアス等に有利を取る事が出来て相性の悪い伝説に対しても壁を盾に撃ちあえる性能が非常に高いf:id:purplebell:20210301183631p:plainを伝説枠に選択しました。

 

f:id:purplebell:20210301183812p:plainで全抜きを狙う構築を考えていましたが抜き性能が高いように見えてテッカグヤナットレイなどで簡単に止まってしまうという欠陥が見つかったので対策としてf:id:purplebell:20210301183846p:plainバトンとの融合を思いつきました。ランドロスやエースバーンに弱点が一貫してしまいますが壁と弱点保険でごまかす事に成功。またネクロズマの撃ち合い性能と受け崩し性能が高くバトン選出は1パターンで十分だと判断しました。壁役にはf:id:purplebell:20210301183906p:plain採用し基本選出が完成です。

 



今環境はトップメタにメタモンやヌオー等の積み構築の天敵が存在するので対策必須です。バトン選出するべきでない相手も多く存在するので残りの3枠を非バトン選出の補完枠として選択しました。ネクロズマで全抜きを狙うのではなく補完枠のスイーパーと組み合わせて積みリレーでの崩しを狙います。

 

補完枠① スカーフメタモンf:id:purplebell:20210301184008p:plain

役割対象:ザシアン 黒馬バドレックス等 処理の難しい積みポケや汎用AT全般

 

補完枠② チョッキラプラスf:id:purplebell:20210301183939p:plain

役割対象:イベルタル ジガルデ ホウオウ シャンデラ ハガネール等 受けポケ全般

 

補完枠③ 襷ウルガモスf:id:purplebell:20210301184018p:plain

役割対象:メタモン ザシアン+ヌオー ムゲンダイナ+テッカグヤカイオーガナットレイ ゼルネアス+アーマーガア等 サイクルパ全般

 

軸の決定

バトン選出:f:id:purplebell:20210301184039p:plainf:id:purplebell:20210301184048p:plainf:id:purplebell:20210301184101p:plain

積みリレー選出:f:id:purplebell:20210301184139p:plainf:id:purplebell:20210301184150p:plain+@1

 

メタモン対策について

積みポケを多く採用しているためメタモンの被選出率は高かったです。今回はメタモン対策の処理ルートを2パターン用意しました。2つ目に関しては相手からも想定されない奇想天外な処理方法なので決まりやすかったです。

 

メタモン

役割対象:メタモン+攻め

メタモン対策はメタモンで行います。どういう事かというとメタモンは仕様上既にコピー状態の相手のメタモンに対して変身する事が出来ません。つまりサイクルを回しながら先に相手のポケモンを奪って通します。

 

ウルガモス

役割対象:メタモン+受け

相手のポケモンをコピーするメリットの薄い受け構築と組まれてるメタモンに対しては別の方法で処理を行います。

 

手順としてはまずオーロンゲで壁を展開した後ネクロズマで剣の舞を積み受け崩しを行います。ネクロズマを敢えてミラーで役割を持てない技構成にしているため相手は壁ターンを枯らしつつメタモンを通すルートを取るほかなくなります。1.S実数値111以下(スカーフ込みでも最速ウルガモスを抜けないようにするため) 2.竜の舞不採用 3.地震(ダイアース)不採用 この全ての条件を満たすことによりウルガモスによるスイープが実現。

 

無補正ウルガモスの火炎放射がネクロズマをコピーしたメタモンに70.3~83.8%のダメージ、つまりメタモンのHPゲージを3割以上削る事が出来れば勝ち確です。壁やダイスチルによるB上昇による居座り性能の高さによってDMを切られてもウルガモスの火炎放射圏内に入れるのは容易でした。

 

コンセプト

バシャーモネクロズマのバトン展開

ネクロズマ+スイーパーの積みリレー

・壁に依存しない積み展開

 

個体紹介

起点作り→バトン役→積みエース→補完

 

f:id:purplebell:20210301123516p:plain

オーロンゲ@光の粘土

腕白/悪戯心

201(244)-141(4)-121(196)-x-101(44)-83(20)

ウルクラッシュ/リフレクター/光の壁/挑発

 

調整

B:特化ザシアンの+1巨獣斬最高乱数切り耐え

D:余り

S:同速意識

 

起点作り。懲りずに壁役として採用。ミラーやバンギラスの上を取りたかったのでSは多めに振りました。基本的に初手に出して壁を展開したり挑発で補助技を止めます。挑発と壁どちらを優先するべきか、相手の壁ターン枯らしを読んで引くか、退場するターンのウーラオス交換など考える事が多すぎて使うのが難しかったです。今期は壁割りが多く初手選出を控えたり壁を張らずにソウルクラッシュで退場といったプレイングも意識しました。

 

f:id:purplebell:20210301131820p:plain

バシャーモ@弱点保険

陽気/加速

187(252)-141(4)-102(94)-x-103(100)-118(60)

フレアドライブ/瓦割り/剣の舞/バトンタッチ

 

調整

 

BD:余り適当 DL調整

S:+2で最速+1ランドロス抜き

 

バトン役。ネクロズマの苦手な鋼タイプと撃ちあえる枠として採用。壁を盾に剣の舞を積んだりDMで火力を上げながら攻撃出来るので抜き性能は非常に高かったです。状況に応じてネクロズマにバトンを渡していましたがバシャーモだけで3タテする試合も多かったです。一見後述するウルガモスと役割が似ているように思われますが炎を2枚入れる事による鋼タイプの牽制、また対面寄りの構築ではより通りの良いバシャーモを優先して出すなどの差別化を行いました。

 

f:id:purplebell:20210301132329p:plain

ネクロズマ@ラムの実

意地っ張り/プリズムアーマー

199(212)-229(252)-148(4)-x-130(4)-102(36)

メテオドライブ/フォトンゲイザー/ロックブラスト/剣の舞

 

調整

H:余り

S:+0で無振りバルジーナ抜き抜き

+1で最速レヒレ 準速ゼルネアス抜き

+2で最速コケコ 準速フェローチェ抜き

+3で最速+1サンダー抜き

 

積みエース。崩しに特化したネクロズマです。弱点保険を警戒すればするほどアドが取れるので序盤は型の誤認でレートを稼いでいました。ネクロズマラグラージ等の欠伸、ガオガエン等の鬼火、ランドロス等の威嚇サイクルで見てくる人が多かったのでラム剣舞が生きた場面は多かったです。岩技はカウンターや襷ケアの他にサンダーやホウオウへの打点となったりテッカグヤやアーマーガアを+2ダイロックで強引に崩す事が出来ます。

 

f:id:purplebell:20210301180144p:plain

メタモン@拘りスカーフ

生意気/変わりもの

155(252)-x-x-x-x-x

変身

 

補完①。相手のポケモンを奪える最強ポケモンです。メタモンを裏に置く事でオーロンゲを使う際の選択に余裕が生まれたりメタモン対策の身代わりは挑発でケア出来る上に壁込みで撃ち合いも有利になるので積み構築と相性が良かったです。黒馬バドレックスなど処理が難しいポケモンやザシアンに対してはメタモンを通すルートを考えていました。

 

f:id:purplebell:20210301180945p:plain

ラプラス@突撃チョッキ

控えめ/シェルアーマー

221(124)-x-101(4)-150(252)-120(36)-92(92)

泡沫のアリア/フリーズドライ/10万ボルト/絶対零度

 

調整

H:総合耐久指数意識

D:余り

S:無振りエアームド抜き抜き

 

補完②。重いイベルタルやジガルデ対策に採用しました。ラプラスでサイクルを回す気はないので特性は不意の急所を防ぐシェルアーマーを選択。受けループはエアームド以外はネクロズマで破壊出来そうだったので対面で余裕を持つためにSに少し振りました。処理が難しい受けポケに対しても壁や挑発と合わせて零度の試行回数を稼げたので補完枠としてかなり優秀だったと思います。

 

f:id:purplebell:20210301181618p:plain

ウルガモス@気合いの襷

臆病/炎の体

161(4)-x-85-187(252)-125-167(252)

火炎放射/ギガドレイン/サイコキネシス/蝶の舞

 

補完③。ネクロズマの相方にしてサイクルキラーです。ムゲンダイナ+テッカグヤやゼルネアス+アーマーガアなどネクロズマをサイクルで見てくる相手に対してウルガモスがぶっ刺さっていました。状況に応じてサイクルを回したりネクロズマを雑に扱って最後にウルガモスを通して勝つ事も多かったです。バシャバトンと違ってあまり警戒されないので有利対面で蝶舞して3タテというケースも結構ありました。炎技は威力命中重視の火炎放射を選択。

 

選出パターン

 

①基本選出A

f:id:purplebell:20210301184403p:plainf:id:purplebell:20210301184432p:plainf:id:purplebell:20210301184521p:plain

 

②基本選出B

f:id:purplebell:20210301213857p:plainf:id:purplebell:20210301213908p:plainf:id:purplebell:20210301213919p:plain

 

③黒バド ザシアンメタモンなど

f:id:purplebell:20210301184536p:plainf:id:purplebell:20210301184550p:plainf:id:purplebell:20210301184700p:plain

 

イベルタル ジガルデ 受け構築など

f:id:purplebell:20210301184617p:plainf:id:purplebell:20210301184636p:plainf:id:purplebell:20210301184650p:plain

 

⑤壁選出の通りが悪い時

f:id:purplebell:20210301184919p:plainf:id:purplebell:20210301184929p:plainf:id:purplebell:20210301184936p:plainf:id:purplebell:20210301184946p:plainから3枠選択

 

重いポケモン

 

カイオーガ

積み構築の天敵。体感勝率3割弱。運が良ければ勝てます。終盤激増してレートを溶かしました。

 

②襷一撃ウーラオス

積み構築の天敵。先に展開出来れば勝てますがかなり厳しいです。終盤激増してレートを溶かしました。ステロ展開より壁展開を優先した結果なので重くなるのは仕方ない。

 

リザードン

かなり厳しい。メタモン選出した方が良いかもしれないです。

 

カイオーガorイベルタル+壁割り

壁で誤魔化してるので割られたら終わりです。

 

感想

終盤急増したポケモンに対応出来なかったのが今回の敗因だと感じています。また中盤増えたラプザシアンと壁ゼルネの影響で壁割りが大量に増えたので壁構築自体通しにくい環境だと思いました。

 

結果

TNひなひかわ 588位(レート1915)

f:id:purplebell:20210301221722j:plain

 

TNちとせ 最終爆死