ちとせメモ

ギミック構築の対戦記録

【S31最終1937/138位】毒菱ジガルデダイナ

S31お疲れ様でした。伝説2体ルールでの最高順位を更新したので使用構築について書いていきます。

結果

TN ちとせ

最終レート1937/138位

構築経緯

毒菱+リフレクターを採用したムゲンダイナが自分好みの性能をしていたのでこのポケモンから組み始めました。毒菱と相性の良い伝説には黒バド、ジガルデ、ルギア等がいますが今期からバンギラスの眠るが大流行していて毒菱で見る動きが強くないと思ったのでバンギラスに強く1番使い慣れているジガルデを採用しました。以前毒菱ジガルデ軸を使った時(S25・26)にはHB残飯で眠るを採用する事でサイクルに加入させていましたがこのルールでは役割対象が少なすぎるので竜舞型にしてみました。

 

次に黒バドやイベルタルを受けられて一緒に組まれているザシアンにも威嚇や捨て台詞で負荷をかけていけるHDガオガエンカイオーガやゼルネアスを受けられて毒菱サイクルと相性の良い宿り木の種が使えるHDナットレイをクッションに採用しました。

 

ここまででヒヒダルマやドラパルトなどの氷・竜がキツすぎるのでムゲンダイナが選出出来ない時に起点を作れたり竜技に対する引き先になれて特性でジガルデの積みをサポート出来る後攻の尻尾カプレヒレを採用しました。最後にムゲンダイナが非常に起点になりやすい型なので積み対策でメタモンを採用しました。

 

毒菱サイクル!

 

コンセプト

・起点作り+積みエース+クッション

・毒菱+竜舞ジガルデで破壊

 

個体紹介

ジガルデ/柔らかい砂

陽気/スワームチェンジ

<50%F>184(4)-152(252)-141-x-115-161(252)

<PF>292(4)-152(252)-141-x-115-150(252)

サウザンアロー/ストーンエッジ/身代わり/竜の舞

 

調整

H:4n(身代わり2回で変身)

A:砂+1サウザンアローでH振りザシアン確定1発

砂ダイアース(130)でH振りザシアン確定1発

砂+1ダイアース(130)で無振りカイオーガ確定1発

S:最速 PFで準速ウーラオス抜き

PF+1で最速フェローチェ抜き

 

本構築の伝説枠。毒菱と合わせる事で神になれるポケモン。サウザンアロー+岩技の対応範囲が広いので攻撃技は2つで足りています。更に毒菱の効かない飛・毒・鋼全てに弱点がつけそれ以外は毒菱を踏ませる事で撃ち合いで有利になります。ポリゴン2やヌオーに対しても毒菱があればジガルデで見られるようになるのが偉いです。ジガルデは麻痺運ゲ型が注目されやすいですがストッパー全般が接地していて非常に毒菱と相性の良いポケモンだと言えます。

 

選択技には毒菱と相性の良い身代わりを採用しました。面倒な補助技を回避しつつ竜舞を積めたり相手のDMを枯らしてこちらの後発DMで全抜きみたいな展開が多かったです。意図的に変身出来る点も強力で対面で竜舞を積めない相手や岩封連打してくる相手に対して身代わり→変身→対面のポケモンを倒す→HP増えてダイアースで裏のザシアン倒して勝ちみたいな展開もありました。今期は竜舞ジガルデが流行っていたため並びでアタッカーが読まれる事があっても身代わりは考慮されませんでした。

 

ムゲンダイナ/ゴツゴツメット

臆病/プレッシャー

229(108)-x-139(188)-166(4)-116(4)-193(204)

マジカルフレイム/リフレクター/毒菱/自己再生

 

調整

B:A192ザシアンの+3巨獣斬を壁下で2耐え

特化マンムー地震2回と礫を壁下で大体耐え

S:前期レート2000を超えた意地っ張りザシアンの素早さ最大値抜き(参考:ぽけっとふぁんくしょん様 ザシアン入り構築記事 35件)

 

本構築の伝説枠。対ザシアンを強く意識した型にしました。ここまで素早さに振る事で環境にいる最速以外のザシアンの上から行動出来るのが強みです。抜かれている場合は火力がないのでリフレクター→自己再生が基本間に合います。またゴツゴツメットを持たせた事によりザシアンに剣舞を積まれてしまった場合でもマジカルフレイム2回とゴツメダメージ2回で倒せるので1:1以上を取れるようになりました。剣舞ザシアンがあまりにも多かったのでヘドロからゴツメに変更して良かったです。

 

毒菱は主にジガルデのサポートとして使います。特にポリゴン2とヌオー入りの構築に対しては毒菱を展開出来るように立ち回る事を意識していました。初手置き性能が高くどのポケモンと対面しても(ゴチルゼル以外)仕事が出来る優秀過ぎる毒菱要因でした。

 

カプレヒレ/後攻の尻尾

穏やか/ミストメイカ

177(252)-x-158(180)-115-176(76)-105

トリック/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

 

調整

B:A242ザシアンの+1ワイルドボルトを12/16で耐え

特化エースバーンのダストシュートを11/16で耐え

D:C202カイオーガの珠ダイサンダー(140)を10/16で耐え

 

氷・竜に強い起点作り、竜全般に対するクッション。調整は竜王戦ルールの時に使っていたものを持ってきました。禁伝の不一致弱点DM技くらいなら1回耐える耐久があるので選出はしやすいです。ムゲンダイナが選出出来ない時に初手置きするのもムゲンダイナの裏に置くのも両方強かったです。

 

ミストフィールドは毒菱と相性が悪いと思われがちですが特に気になりませんでした。ミストフィールドの竜技半減が偉くてムゲンダイナ対面で強引に竜舞を積む事も多かったです。強いジガルデ使いはこのポケモンを使いこなしているイメージがあります。

 

主な役割対象

 

ガオガエン/厚底ブーツ

穏やか/威嚇

202(252)-x-110-100-154(236)-83(20)

バークアウト/鬼火/挑発/捨て台詞

 

調整

S:12振りポリゴン2抜き

 

黒バド、イベルタルに対するクッション。特性威嚇や鬼火で物理ATも誤魔化せるのでトップメタのバドザシをはじめイベザシやイベネクなど幅広い構築に選出しました。威嚇や捨て台詞で対面操作をしてジガルデに繋いで竜舞の起点にする動きが面白いくらい決まったのでクッションとしては1番優秀なポケモンだと思っています。このポケモンを選出した時にステロを撒かれている事が多かったので持ち物は厚底ブーツで良かったです。

 

挑発は運だけで勝とうとしてくるラッキー使いが不快だったので採用してみました。他にもポリゴン2テッカグヤを妨害出来たり環境的にチョッキ型が流行ってるのもあって補助技主体のガオガエンの強さが光りました。0Wラッキーを挑発で止めて引き際に鬼火や捨て台詞を当てる動きは強かったですが豪運のラッキー使いには何回か負けてしまったので歌うラッキーアンチになりました。次世代では修正される事を切に願っております。

 

主な役割対象

 

ナットレイ/食べ残し

生意気(S個体値0)/鉄の棘

181(252)-114-152(4)-x-184(252)-22

ジャイロボール/宿り木の種/身代わり/守る

 

カイオーガ、ゼルネアスに対するクッション。ムゲンダイナとの相性補完に優れていて毒菱+宿り木による定数サイクルが強力でした。毒菱パと言えばネチネチみがまも。という事で従来のテッカグヤエルフーンのような役割を持たせられないかと思いナットレイに身代わりを採用してみたら上手くハマりました。

 

竜舞や瞑想を積んでくるネクロズマに安定したり、身代わりが残せていれば毒菱や宿り木の種で嵌められる展開があったり使い勝手の良い技だと思いました。草技不採用なので身代わりカイオーガに薄くなりましたがあってもキツいので割り切って身代わりで使い続けました。実際殆ど当たらなかったのでこれで良かったと思います。また挑発持ちには普通に負けるので身代わりにゴチルゼル対策としての採用意図はありません。

 

主な役割対象

 

 

メタモン/拘りスカーフ

生意気/カワリモノ

155(252)-x-x-x-x-x

変身!

 

積み対策。如何にも積んできそうな時や対面選出をしたい時に出しました。HS剣舞ザシアンがゴツメムゲンダイナで見られるようになってこのポケモンの負担が減ると思っていましたがザシアンを襷枠でしか返せないなどメタモン非考慮の選出をされる事が多かったので出せそうな時は積極的に選出に組み込みました。

 

ザシアンダイナ対面で剣舞を積まれた場合壁を盾に即メタモン引きが意外と強い動きなので選択肢として覚えておくと良いです。ゴチルゼル入りに選出したら活躍してくれる事が多かったのでそれが1番の功績かもしれないです。

 

選出パターン

①基本選出

+@1

ムゲンダイナ+@1でサイクルを回しながら場作りをして竜舞ジガルデで全抜きを狙う。相手が積んできそうな時はメタモンを選出する。

 

②カプレヒレコントロール

+@1

ゴチルゼル入りやムゲンダイナ+ネクロズマなどムゲンダイナが出せなそうな時はカプレヒレで起点を作る。カプレヒレ+@1でサポートして竜舞ジガルデを通しにいくかメタモンと合わせて対面選出する。

 

ガオガエンコントロール

玄人向け選出。初手はガオガエンorメタモン

 

苦手な相手

イベルタル+ザシアン

イベルタル+ムゲンダイナ

・竜メタ全般

 

終わりに

毒菱ジガルデ軸にはまだまだ可能性を感じるので次も使うかもしれません。最後まで閲覧していただきありがとうございました。

【S26最終1974/138位】千年ギミックループ

S26お疲れ様でした。最後の竜王戦ルールなので使用構築について書いていきます。

f:id:purplebell:20220413232926j:plain

結果

TN ちとせ

最終レート1974/138位

f:id:purplebell:20220413232943j:plain

構築経緯

f:id:purplebell:20220413233000p:plainf:id:purplebell:20220413233007p:plain

前期使用した HB眠るジガルデサイクルが楽しかったのでまた軸として使う事にしました。ジガルデの苦手な氷・妖を受ける物理受け兼毒菱要因としてドヒドイデを採用しました。

 

f:id:purplebell:20220413233021p:plainf:id:purplebell:20220413233029p:plain

次に汎用特殊受けとしてハピナスハピナスで対応するのが難しいイベルタルや黒バドの受け先としてバンギラスを採用しました。

 

f:id:purplebell:20220413233039p:plainf:id:purplebell:20220413233048p:plain

ここまででキツい物理竜(ドラパカイリュー)や一部の物理地面(マンムードサイ)と受け崩し伝説(ゼルネ白バド)やザシアンの安定した引き先になれるHBポリゴン2ヌケニンを採用しました。前期の反省を生かして受け攻めサイクルではなく受け6にする事で対応範囲を広げました。

 

f:id:purplebell:20220413233000p:plainf:id:purplebell:20220413233021p:plainf:id:purplebell:20220413233007p:plainf:id:purplebell:20220413233048p:plainf:id:purplebell:20220413233039p:plainf:id:purplebell:20220413233029p:plain

はじめての受けループ!

 

前期記事

 

コンセプト

・サイクルを回して詰ませる

・状態異常をバラ撒いてジガルデの起点を作る

 

個体紹介

f:id:purplebell:20220413233352p:plain

ジガルデ/食べ残し

腕白/スワームチェンジ

<50%F>215(252)-120-190(252)-x-115-116(4)

<PF>323(252)-120-190(252)-x-115-106(4)

サウザンアロー/塒を巻く/身代わり/眠る

 

調整

B:A182鉢巻ウーラオスの暗黒強打をPFジガルデが残飯回復込みで確定3耐え

 

本構築の伝説枠。HBに特化する事で抜群技を持たない大抵の物理ポケモンを後出しから積み技と回復技を絡めて受けきる事が出来ます。具体的には特化珠竜舞ネクロズマへの対応が後出しからギリギリ間に合うので急所に当たらなければ対面で勝つ事が出来ます。受けループの天敵である鉢巻ウーラオスの暗黒強打を3耐えする(残飯回復が入ってHPが変身圏外に戻ると次の乱数で落ちる事があるのでダメ系推奨)ので身代わりや眠るでPP削りが出来てさらに毒や麻痺にする事が出来れば楽に処理する事が出来ました。

 

数多のヌオー使いがジガルデにTODを仕掛けてきましたが時間配分を間違えて自滅した対戦を除いて最終ターンの眠るで逆TOD勝ちをする事が出来ました。変身出来ないと総量で勝てない相手もいましたが眠るはまず考慮されなかったのでかなり動きやすかったです。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413233538j:plainf:id:purplebell:20220413233616p:plainf:id:purplebell:20220413233638p:plainf:id:purplebell:20220413233647p:plainf:id:purplebell:20220413233657p:plainf:id:purplebell:20220413233705p:plainf:id:purplebell:20220413233711p:plain

 

 

f:id:purplebell:20220413233408p:plain

ハピナス/万能傘

穏やか/自然回復

331(4)-x-62(252)-x-205(252)-75

地球投げ/電磁波/瞑想/卵産み

 

特殊受け。主にムゲンダイナとカイオーガヌケニンが選出出来ない時はゼルネアスを受けてもらいました。この構築は見た目特殊の通りがすこぶる悪く一般枠特殊ATの被選出率がかなり低かったので物理伝説軸には余裕があるか役割対象が出てきそうな場合のみ選出しました。

 

瞑想は積み技で強引に崩してこようとする相手に強く出れます。攻撃技の地球投げは瞑想を見せたら物理に引いてくるのでC上昇の恩恵を感じなかったのと低HPの悪巧みロトム、挑発瞑想カプレヒレ、壁零度アローラキュウコン等への遂行速度を意識して採用しました。有利対面電磁波で相手のサイクルに負荷をかけたりジガルデの起点を作る動きが強力でした。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413233726p:plainf:id:purplebell:20220413233733p:plainf:id:purplebell:20220413233743j:plainf:id:purplebell:20220413233755p:plainf:id:purplebell:20220413233802p:plainf:id:purplebell:20220413233808p:plainf:id:purplebell:20220413233815p:plain

 

f:id:purplebell:20220413233420p:plain

ドヒドイデ/黒いヘドロ

図太い(S個体値10)/再生力

157(252)-x-224(252)-73-163(4)-45

ヘドロ爆弾/毒菱/黒い霧/自己再生

 

調整

S:最遅カバルドン抜かれ

-1無振り鈍いカバルドン抜き

 

物理受け。ジガルデで対応出来ない氷・妖を受けてもらいました。前期上位構築の影響で渦潮レヒレが環境入りしており対策必須だったのでHBカプレヒレに削りを入れられるヘドロ爆弾を採用しました。実際この選択は正解で明確な受け先を用意する事でカプレヒレにジガルデを止められる事がなくなりました。毒の通らない鋼タイプに関してはジガルデが強く出れるので熱湯を切ってもさほど困りませんでした。ジガルデとクルクルしてるだけでループを抜けられるのが偉いです。

 

毒菱はカイオーガや黒バド軸に対して設置出来るとかなり余裕が出来ます。黒い霧の1番の役割対象である珠ミミッキュですがA特化しか環境にいなかったので砂やステロでドヒドイデが削られている状態で剣舞を積まれた場合は無理をせずダイアシッド→ダイウォール→裏のポケモンを一体切ってミミッキュのDMを切り返す立ち回りをよくしていました。TOD意識でヌオーの下から自己再生をしたいので可能なラインまでSを落としました。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413233830p:plainf:id:purplebell:20220413233838p:plainf:id:purplebell:20220413233844p:plainf:id:purplebell:20220413233853p:plainf:id:purplebell:20220413233900p:plainf:id:purplebell:20220413233906p:plainf:id:purplebell:20220413233912p:plain

 

f:id:purplebell:20220413233434p:plain

ヌケニン/厚底ブーツ

寂しがり(B個体値4)/不思議な護り

ポルターガイスト/影打ち/鬼火/堪える

1-156(252)-46-x-50-92(252)

 

調整

B:B<D

 

ザシアンゼルネアス白バド受け。初手で毒菱を設置してからヌケニンに引く立ち回りを多様していてこれが決まった対戦は大体勝つ事が出来ました。地味に格闘無効が偉くてダイナックルのタイミングで交代してA上昇させずにジガルデで詰めるといった別の使い方が出来るのも良いです。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413233941j:plainf:id:purplebell:20220413233950p:plainf:id:purplebell:20220413233955j:plainf:id:purplebell:20220413234005p:plainf:id:purplebell:20220413234013p:plainf:id:purplebell:20220413234020p:plainf:id:purplebell:20220413234026p:plain

 

f:id:purplebell:20220413233452p:plain

ポリゴン2/進化の輝石

図太い/アナライズ

191(244)-x-156(252)-125-115-82(12)

イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

 

調整

H:16n-1

S:麻痺の最速ウーラオス抜き

 

物理受け。ジガルデドヒドイデで対応出来ない地・竜を受けてもらいました。特にマンムーやドラパルトに対しては何度も後投げ出来て勝利に貢献してくれました。ただガラルヒヒダルマに関してはトーチカのないドヒドイデだけで見るのは無理があるためポリゴン2との同時選出で対応していました。受けループの天敵であるゼクロムやブラックキュレムにも半分くらい勝てたのは間違いなくこのポケモンのおかげです。他にも流行りの鈍いカバルドンの相手もしたりしました。

 

有利対面電磁波で相手のサイクルに負荷をかけたりジガルデの起点を作りにいく動きもまた強力で鉢巻ウーラオス対面では引かずに麻痺を入れにいく立ち回りもしていました。鉢巻暗黒強打は大体2耐えしますしドヒドイデの加護と受けループは安定行動しか取らないという共通認識で格闘技を打たれにくいのが偉いです。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413234038p:plainf:id:purplebell:20220413234044p:plainf:id:purplebell:20220413234049p:plainf:id:purplebell:20220413234109p:plainf:id:purplebell:20220413234127p:plain

f:id:purplebell:20220413234138p:plainf:id:purplebell:20220413234144p:plainf:id:purplebell:20220413234149p:plainf:id:purplebell:20220413234155p:plainf:id:purplebell:20220413234204p:plain

 

f:id:purplebell:20220413233505p:plain

バンギラス/カゴの実

慎重/砂起こし

207(252)-154-130-x-167(252)-82(4)

ロックブラスト/噛み砕く/ステルスロック/眠る

 

特殊受け。主にイベルタルと黒バドを受けてもらいました。といってもこの構築は一般枠特殊ATの被選出率がかなり低く出てきそうなポットデスやラティオスも大体ザシアン軸に入っていてヌケニンと同時選出が出来なかったのでそれ以外に役割を持たせる事は出来ませんでした。現に300戦近く対戦してサンダーが選出された回数は5回未満です。

 

眠るを使った機会は少ないですが有利対面ステルスロックで相手のサイクルに負荷をかけていく動きが強力でした。バンギラスを破壊する物理イベルタルとも何度か当たりましたが物理受けは豊富かつジガルデの起点なので特に困りませんでした。黒バドとドヒドイデが初手で対面する事が多かったですが悪巧み+リーフストーム以外はなんとかなるので安易にバンギラスに交代せず毒菱の設置を最優先としていました。順位の高い黒バド使いほど初手から交換読みをしてくる事が多かったです。

 

主な役割対象

f:id:purplebell:20220413234212p:plainf:id:purplebell:20220413234218j:plainf:id:purplebell:20220413234223p:plainf:id:purplebell:20220413234228p:plainf:id:purplebell:20220413234233p:plain

 

苦手な相手

・特殊ネクロ

・カバザシ

・ダイナループ

 

終わりに

レート2000を達成する事は出来ませんでしたが満足のいく結果で終われて良かったです。最後まで閲覧していただきありがとうございました。

【S25最終2003/130位】毒菱サウザンウェーブコントロール

S25お疲れ様でした。ジガルデ軸でレート2000を達成する事が出来たので使用構築について書いていきます。

嵌め戦術が苦手な方は閲覧注意⚠️

f:id:purplebell:20220413224831j:plain

結果

TN ちとせ

最終レート2003/130位

f:id:purplebell:20220413224957j:plain

構築経緯

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plainf:id:purplebell:20220413225124p:plain

メタモンを誘わない伝説を使いたいと思ったのでギミック適正があって前々から気になっていたジガルデを伝説枠に選択しました。積みポケモンでありながら相手の交代を封じるサウザンウェーブという技が自分好みの性能をしていたのでHBでの採用。引き先として適応範囲の広い受け駒であるラッキーとドヒドイデを採用しました。

 

f:id:purplebell:20220413225136p:plainf:id:purplebell:20220413225148p:plainf:id:purplebell:20220413225158p:plain

次に多くの相手の上から対面操作を行えジガルデが誘う竜に打点があるスカーフヒヒダルマイベルタルカイオーガ、黒バド、ホウオウに対して数的有利を取るための崩しの駒となれるチョッキ化身ボルトロスを採用しました。ここまででゼルネアスやゼクロムがどうしようもないため他で対応出来ないポケモンメタモンで誤魔化していきます。

 

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plainf:id:purplebell:20220413225124p:plainf:id:purplebell:20220413225136p:plainf:id:purplebell:20220413225148p:plainf:id:purplebell:20220413225158p:plain

受け攻めサイクル!

 

個体紹介

f:id:purplebell:20220413225431p:plain

ジガルデ/食べ残し

腕白/スワームチェンジ

<50%F>215(252)-120-190(252)-x-115-116(4)

<PF>323(252)-120-190(252)-x-115-106(4)

サウザンアロー/塒を巻く/眠る/サウザンウェーブ

 

調整

B:A182鉢巻ウーラオスの暗黒強打をPFジガルデが残飯回復込みで確定3耐え

 

本構築の伝説枠。HBに特化する事で後出しからサウザンウェーブ眠るで鉢巻暗黒強打のPPを枯らせる程の物理耐久(残飯回復が入ってHPが変身圏外に戻ると次の乱数で落ちる事があるのでダメ系推奨)があり物理相手には何度も後投げが出来ました。1度積めたらザシアンも破壊出来る最高のポケモン

 

サウザンウェーブは有利な相手を捕まえて強引に積み展開、型次第でそのままTOD勝ちを狙えたり相手に吊り交換をさせないのでサイクル戦を有利に進める事が出来ました。ジガルデの対策として選出される挑発ウーラオスもこの技のおかけで強引に対面処理をする事が可能です。ほぼ全ての型のウーラオスに対応出来るためムゲンダイナに引けを取らない優秀な物理受けでした。環境のジガルデがHD主流である点と存在しない蛇睨みの圧でミスリードを狙う事が出来ていたと思います。

 

f:id:purplebell:20220413225506p:plain

ラッキー/進化の輝石

図太い/自然回復

325-x-62(252)-x-142(132)-86(124)

地球投げ/電磁波/身代わり/卵産み

 

調整

S:麻痺の最速ウツロイド 準速エースバーン抜き

 

選出画面にいるだけでDM牽制が出来る特殊受け。技は場持ちをよくするために一撃技や宿り木を回避出来る身代わりと電磁波を選択しました。確率で珠ミミッキュに対面で勝てるずるいポケモン

 

f:id:purplebell:20220413225625p:plain

ドヒドイデ/黒いヘドロ

図太い/再生力

157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55

熱湯/毒菱/黒い霧/自己再生

 

ジガルデの弱点である氷・妖とカプレヒレを受ける物理受け。技はヌオーやヒヒダルマに毒を入れたいので毒菱とザシアンやミミッキュその他起点回避としての役割を持てる黒い霧を選択しました。毒菱はサウザンウェーブとの相性がかなり良くヌオー絡みのサイクル戦を有利に進める事が出来ました。 

 

f:id:purplebell:20220413225639p:plain

ガラルヒヒダルマ/拘りスカーフ

陽気/五里霧

180-192(252)-75-x-76(4)-161(252)

氷柱落とし/フレアドライブ/ギガインパクト/蜻蛉返り

 

対面操作、過労死竜対策枠。ザシアンと竜全般に対面有利とこの構築が欲しがる要素を兼ね備えているため替えの効かない存在だと思っています。ザシアン対面でどの技を選択するか考えている時と氷柱怯みの上振れを引いている時が最高で使っていてとても楽しいポケモンでした。

 

地震馬鹿力はジガルデと役割範囲が被っており欲しい場面がなかったのでロトムアシレーヌなどの水打点としてギガインパクトを採用しました。DMを切る機会がそこそこあったのでダイアタックが有効に働く事が多かったです。五里霧中が乗ると不一致と思えない高火力が出ます。

 

f:id:purplebell:20220413225653p:plain

化身ボルトロス/突撃チョッキ

意地っ張り/負けん気

155(4)-183(252)-95(36)-130-101(4)-158(212)

ワイルドボルト/空を飛ぶ/馬鹿力/草結び

 

調整

B:DMボルトロスが特化イベルタルの物理珠ダイアーク(130)を14/16で耐え

S:最速ランドロス抜き

 

DM枠。HBジガルデの苦手な伝説軸に強いので2体目の伝説枠だと思って使っていました。イベルタルカイオーガ黒バドホウオウに対して対面有利であり対策が薄かったのか通りが良かったように感じます。

 

持ち物は対特殊の撃ち合い性能を上げるためにチョッキを持たせましたがダメージ量でイベルタルの型判別が出来るのも便利でした。性格は少しでも火力が欲しいのと最速イベルタルの下から行動したいので意地っ張りを採用しました。ジガルデと組んでいるため悪戯心にも見えますが型誤認を誘えていたかは不明です。

 

f:id:purplebell:20220413225710p:plain

メタモン/気合いの襷

生意気/カワリモノ

155(252)-x-x-x-x-x

変身!

 

積み対策。ジガルデ軸と相性が良く様々な構築に選出する事が出来ました。実は黒バドとゼクロムに出す場合はスカーフより襷の方が強い。(黒バド軸はメタモンをタイプ受けで対策しており撃ち分けに対応出来ない、ゼクロム軸は襷竜舞が出来るため)

 

選出パターン

①攻め1受け2(基本選出)

f:id:purplebell:20220413225136p:plainorf:id:purplebell:20220413225148p:plain+@2

ヒヒダルマの対面操作やDMボルトロスで荒らしてジガルデで詰める。数的有利を取って逃げ切る。ザシアンorムゲンダイナ+ヌオーの並びは数的有利を取るのが難しいので毒菱サウザンウェーブ(f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225124p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plainor f:id:purplebell:20220413225136p:plain)で対応する。ヌオーに毒菱を踏ませてサイクルを有利にし可能ならサウザンウェーブで捕まえてTOD

 

②攻め2受け1

f:id:purplebell:20220413225136p:plainf:id:purplebell:20220413225148p:plainor f:id:purplebell:20220413225158p:plain+@1

ガブリアスマンムーなどヒヒダルマが対面で負けてかつ受けられない襷枠がいる場合ダルマボルトの2枚で崩していくかヒヒダルマで荒らして襷メタモンでスイープ。ヒヒダルマ+受け2もあり。

 

③受け3

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plainf:id:purplebell:20220413225124p:plain

毒菱サウザンウェーブ。ダイナサイクルやザシアンヌオーに選出したりする。

 

VSザシアン

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225136p:plain+@1

 

VSカイオーガ

f:id:purplebell:20220413225136p:plainorf:id:purplebell:20220413225148p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plain+@1

 

VSイベルタル

f:id:purplebell:20220413225136p:plainorf:id:purplebell:20220413225148p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plain@1

 

VSネクロズマ

f:id:purplebell:20220413225056p:plain+@2

 

VS黒バド

f:id:purplebell:20220413225148p:plainf:id:purplebell:20220415034804p:plain+@1

 

VSムゲンダイナ

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225106p:plain+@1

 

VSホウオウ

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225148p:plain@1

 

VSゼルネアス白バドゼクロム

f:id:purplebell:20220413225158p:plain+@2

 

VSジガルデヌケニン

f:id:purplebell:20220413225056p:plainf:id:purplebell:20220413225124p:plain+@1

イベルタルヌケニンと違って数的有利を取るのが無理なので勝ち筋をTODに絞る。熱湯火傷や毒菱によるスリップを入れるのが理想だが失敗しても終わりじゃない。特化ヌケニンのダイホロウ(140)はB+6のPFジガルデが最高乱数を引かなければ残飯回復でHP満タンに戻るので最終ターンに眠れれば勝ち。時間配分を間違えると終わる。

 

こんな感じで選出する事が多かった。あくまで選出例なので相手の並びによって柔軟に対応する。物理受けはジガルデかドヒドイデ通ってる方或いは両方。 

 

苦手な相手

f:id:purplebell:20220413230649p:plainf:id:purplebell:20220413230700p:plainf:id:purplebell:20220413230707p:plainf:id:purplebell:20220413230715p:plainf:id:purplebell:20220413230723p:plainf:id:purplebell:20220413230730p:plainf:id:purplebell:20220413230738j:plain

受からないので魂込めて立ち回る。ヒヒダルマミラーでは流行りの腹太鼓ケアで素引きせずリスクの高い蜻蛉返りを選択したり氷柱怯みに神経捧げたりヒヒダルマで初手DMしたり蜻蛉返りから地面技をボルトロスで受けたりメタモン運ゲー仕掛けたり色々やりようはある。最終日のガブリアスマンムーの遭遇率がおかしかったので多分ジガルデがメタられていた。

 

f:id:purplebell:20220413230812p:plainf:id:purplebell:20220413230820j:plain

ヌオーと違って氷耐性があり毒菱もサウザンウェーブも通りが悪い上に数的不利が負けに直結する。

 

終わりに

普段使わないサイクル構築で結果が出て満足しております。最後まで閲覧していただきありがとうございました。

 

おまけ

f:id:purplebell:20220413225021j:plain

サウザンウェーブで嵌めたポケモン

・歌うラッキー

・毒菱or火傷の入ったヌオー

・黒霧ドヒドイデ

・襷エースバーン

・壁ザマゼンタ

・吠えるのないウインディ

・挑発のない襷ウーラオス

イカサマ挑発のないオーロンゲ

【S23最終2010/122位】対面トリルリリック

S23お疲れ様でした。白バド軸でレート2000を達成する事が出来たので使用構築について書いていきます。

f:id:purplebell:20220413184616j:plain

結果

TN ちとせ

最終レート2010/122位

f:id:purplebell:20220413184629j:plain

構築経緯

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184722p:plain

DMなしルールでは先発トリル呪いからトリルエースを着地させトリルターンが枯れたら白バドでまたトリルといった動きが強いと思いトリル要因として行動保証とゴツメの両立が出来るミミッキュとトップメタのザシアンに対して行動保証が持てるリリバの実バドレックスの2体を軸に構築を組み始めました。

 

f:id:purplebell:20220413184736p:plainf:id:purplebell:20220413184744p:plain

次に白バドの苦手な鋼や炎タイプを殴れる高火力トリルエースとしてガラガラとウオノラゴンを採用しました。共にトリル下でH振りザシアンを確定1発で落とす事が出来てガラガラはムゲンダイナ、ウオノラゴンはカイオーガ軸に対して崩しを行える点が優秀です。

 

f:id:purplebell:20220413184759p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plain

ここまでで物理に偏っているためドヒドイデなどの物理受け全般と受けポケモンと組んでいる事が多いイベルタル、ホウオウにタイプ上有利なサンダーと対面性能が高い襷枠で黒バド対策にもなる悪ウーラオスを採用しました。サンダーラオスを採用した事でトリルの通りが悪い相手に対しては対面選出をする事が出来るようになります。

 

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184759p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plainf:id:purplebell:20220413184736p:plainf:id:purplebell:20220413184744p:plainf:id:purplebell:20220413184722p:plain

トリルパ!

 

個体紹介

トリル要因→トリルエース→補完

f:id:purplebell:20220413190802p:plain

ミミッキュ/ゴツゴツメット

意地っ張り(S個体値17)/化けの皮

142(92)-144(164)-132(252)-x-110-109

シャドークロー/呪い/道連れ/トリックルーム

 

調整

H:2n

A:余り

B:(皮ダメ込みで)

特化水ウーラオスの鉢巻水流連打耐え

特化悪ウーラオスの暗黒強打耐え

A192Gヒヒダルマ五里霧中氷柱落とし耐え

特化マンムーの氷柱針+礫大体耐え

特化ゴリランダーの鉢巻GFグラススライダー大体耐え

D:特化ゼルネアスの+2ドレインキッスで12/16落ちる

S:無振り90族抜かれ 挑発レヒレ意識で多めに

 

トリル要因。基本先発で出してトリル呪いするだけですがミミッキュを残しておく事で1回目のトリルターンが枯れた時のクッションや2回目の展開役としても機能する便利なポケモンでした。道連れは積みエースやメタモンの切り返し、起点より1:1交換を狙いたい場面に使える面白い技です。

 

f:id:purplebell:20220413190819p:plain

白馬バドレックス/リリバの実

意地っ張り(S個体値5)/人馬一体

207(252)-238(252)-170-x-151(4)-57

リザードランス/十万馬力/剣の舞/トリックルーム

 

調整

S:無振りトリトドン 最遅60族抜かれ

無振りドヒドイデ抜き抜き

 

本構築の伝説枠にしてトリルエース①。このルールで1番活躍出来る白バドを考察した結果リリバ剣舞トリル型に辿り着きました。ザシアンの取り巻きに白バドが強いのでトリルターンを枯らされた後にリリバを盾に再展開するという相手から見えない動きがただただ強かったです。

 

剣舞はポリドヒドウインディみたいな明確な白バド受けの交換が読めるタイミングで打ったりします。種爆弾を切った弊害で水打点を失いましたがカプレヒレは呪いで削れてる事が大半&環境にHB個体が少なく、スイクンミロナマコはあってもキツいので今期は剣舞を採用して良かったと思います。ドヒドイデ入りにはトリルをしない事も多く、素で抜いてる方が強いと思うんですけどこのS調整にしてる人見たこと無いです。

 

f:id:purplebell:20220413190834p:plain

アローラガラガラ/太い骨

意地っ張り(S個体値15)/石頭

167(252)-145(252)-131(4)-x-100-57

フレアドライブ/ポルターガイスト/ホネブーメラン/剣の舞

 

調整

S:無振りトリトドン 最遅60族抜かれ

無振りドヒドイデ抜き抜き

 

トリルエース②。崩し性能が高く主にザシアンとムゲンダイナ軸に選出しました。たまに3タテを披露してくれるため信頼出来るポケモンでした。地味にフレアドライブの反動無視出来る石頭って強特性だと思います。

 

f:id:purplebell:20220413190914p:plain

ウオノラゴン/拘り鉢巻

意地っ張り/頑丈顎

197(252)-156(252)-120-x-100-96(4)

エラ噛み/逆鱗/噛み砕く/眠る

 

トリルエース③。トリル下鉢巻エラがみ最強!と思っていましたが思ったより使いどころの難しいポケモンでした。トリトドンが使用率10位の環境というのもありますがドヒドナット等で簡単に止まってしまうし中速のS種族値75もやや扱いにくい印象でした。選出率は最下位でしたがカイオーガ軸に対しては強く出られました。眠るはラス1拘り不意打ち意識です。

 

f:id:purplebell:20220413190927p:plain

サンダー/食べ残し

臆病/プレッシャー

177(92)-x-105-166(164)-110-167(252)

10万ボルト/暴風/身代わり/羽休め

 

調整

H:16n+1

BD:A135C183イベルタルの悪の波動+不意打ちを残飯回復込みで大体耐え

C:無振りチョッキイベルタルが10万ボルト×2で大体落ちる

 

火力のある残飯サンダー。今回はイベルタルやホウオウ+受けの並びに役割対象を絞りました。並耐久のポケモンに対して確定数が変わる事が多かったのでC振りが生きました。ホウオウやネクロズマのPPを枯らす動きも無難に強かったです。 

 

f:id:purplebell:20220413191001p:plain

一撃ウーラオス/気合いの襷

意地っ張り/不可視の拳

175-200(252)-121(4)-x-80-149(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/カウンター

 

最強の襷枠。語る事はないです。

 

選出パターン

①トリル選出

f:id:purplebell:20220413184722p:plainf:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184736p:plainorf:id:purplebell:20220413184744p:plainor f:id:purplebell:20220413184810p:plain

先発ミミッキュトリックルームから展開するのが基本の動きになります。まず相手の構築を見て必要なトリルエースの数を決めます。2体なら白バドのトリルを用いながらエース2体で崩していきます。1体なら変わりにスイーパーとして対面性能の高い襷悪ウーラオスを選出します。

 

②対面選出(スイッチトリル)

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184759p:plainor f:id:purplebell:20220413184810p:plainorf:id:purplebell:20220413184744p:plain

トリルミミッキュ展開で勝てなそうな時にする選出になります。カイオーガイベルタルネクロズマ、ホウオウ軸に対して出す事が多かったです。

 

VSザシアン

f:id:purplebell:20220413184722p:plainf:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184736p:plainor f:id:purplebell:20220413184810p:plain

炎霊の高火力から受け全般に強くトリルがなくても対面でザシアンに勝てる(噛み砕くは非考慮)のでガラガラを通しにいく事が多かったです。ミミッキュを残していればトリルターンが切れた後もミミッキュを切って白バドのリリバトリルからトリルエース2体を再展開といった楽しい立ち回りも出来ました。

 

VS黒バド

f:id:purplebell:20220413184722p:plainf:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plain

ミミッキュでトリル呪い→白バドで暴れる→トリルターンを枯らし終わって出てきた黒バドを最後に悪ラオスで処理します。勝率は良かったですがドヒドイデ入りは厳しいです。

 

VSムゲンダイナ

f:id:purplebell:20220413184722p:plainf:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184736p:plainor f:id:purplebell:20220413184810p:plain

白バドガラガラの通りが全体的に良かったのでトリル下の2体で崩していく事が多かったです。今期はテッカグヤが流行っていたためギルガルドとあまり当たらなかったのも追い風でした。

 

VSカイオーガ

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plainf:id:purplebell:20220413184744p:plain

行動保証のある襷ウーラオスや雨下で受け出しが効かないウオノラゴンで相手を削って白バドで展開していきます。トリル下雨鉢巻エラがみの火力はおかしい。

 

VSイベルタル

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184759p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plainorf:id:purplebell:20220413184722p:plain

イベルドヒドをサンダーで見ているので@1を倒すためにサイクルを回す事が多かったです。1番勝率悪い。

 

VSネクロズマ

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184759p:plainf:id:purplebell:20220413184810p:plain

不利構築だと思っていましたがネクロ+水ラオス+レヒレor地面枠みたいな選出が大半だったためサンダーラオスで強く出られました。白バドがリリバ剣舞トリル型なので対面でネクロズマを突破出来る時もありました。

 

VSホウオウ

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184759p:plainf:id:purplebell:20220413184744p:plain

身代わりプレッシャーサンダーの通りが非常に良かったです。ここまで物理に寄せるとドヒドイデへの役割集中を嫌ってか特殊受けの変わりにラオスノラゴン受けのカプブルル等を選出される事が多くサンダーだけで勝てた対戦が結構ありました。

 

VS壁構築

f:id:purplebell:20220413184707p:plainf:id:purplebell:20220413184722p:plain+@1

基本選出だとまず勝てないので後発トリル展開をします。ウオノラゴン等で相手の壁役を破壊し積むタイミングでミミッキュに引いてトリル道連れで1:1交換を狙います。

 

苦手な相手

・HBポリゴン2

ドヒドイデ

ギルガルド

・悪ウーラオス

・エースバーン

ミミッキュ

・その他水耐久ポケ全般

 

終わりに

10シーズンぶりにレート2000を達成する事が出来て嬉しいです。最後まで閲覧していただきありがとうございました。

【S20最終1906/293位】縮小積みリレー

S20お疲れ様でした。最後の冠ルールなので使用構築について書いていきます。

f:id:purplebell:20220413181649j:plain

結果

TN Nightcode*25

最終レート1906/293位

f:id:purplebell:20220413181706j:plain

構築経緯

前期壁f:id:purplebell:20220413181752j:plainで結果を残した方が何人かいて真似して使って見たらオーロンゲより使用感が良かったので構築を組む事にしました。

 

DM積みエースとして壁と相性が良くおそらく1番強いダイジェッターであるf:id:purplebell:20220413181853j:plainf:id:purplebell:20220413181853j:plainの苦手なバンギウツロドサイザポスピクシー等をまとめて相手出来そうなf:id:purplebell:20220413181946j:plainを採用。

 

次に積みスイーパーとして化けの皮でなんやかんや出来るf:id:purplebell:20220413182024p:plainと相手の積み展開に強く出れるf:id:purplebell:20220413182101p:plain採用しました。最後にカバルドンドヒドイデ絡みの受けサイクルを誘って破壊出来るポケモンが欲しかったのでラムビルドサイコf:id:purplebell:20220413182147j:plainを入れて完成です。

 

参考記事

tottuanpoke.hatenablog.com

 

個体紹介

起点作り→積みエース→スイーパー→補完

f:id:purplebell:20220413182222p:plain

ドラパルト/光の粘土

臆病(A個体値0)/呪われボディ

195(252)-x-95-x-107(92)-201(164)

リフレクター/光の壁/鬼火/呪い

 

調整

D:特化カプレヒレムーンフォース耐え

S:最速130族抜き +1準速80族抜き

 

起点作り。壁張って呪いで退場して裏の積みエースに繋ぐお仕事。呪われボディと鬼火が偉くてウーラオスに隙を見せず退場出来るのでオーロンゲより使いやすかったです。ただカプレヒレには隙を見せるのは変わらずでしかもほぼ全ての拘りカプレヒレがドラパルトにトリックから入ってきたので壁1点読みされていました。HPが少しでも残っていれば仕事が出来るため呪いを打たない方が良い場合も多くありました。

 

f:id:purplebell:20220413182244j:plain

ガラルファイヤー/オボンの実

控えめ/逆上

188(180)-x-111(4)-150(132)-146(4)-134(188)

燃え上がる怒り/暴風/身代わり/悪巧み

 

調整

H:特化ポリゴン2の冷凍ビームを壁下で身代わりが13/16で耐え

S:最速80族抜き抜き 

 

積みエース①。悪巧み積んでダイマックスしているだけで強い。特に特殊耐久は異次元で壁があれば無振りサンダーのボルチェンやダイジェットを身代わりが耐えます。身代わりは相手のDMターンを枯らしたり面倒な補助技を躱すのに重宝しました。サイクル構築のカバルドンには吹き飛ばしがなかったので割り切って身代わり悪巧みで起点にする動きを取っていました。

 

f:id:purplebell:20220413182359j:plain

ジバコイル/弱点保険

図太い/アナライズ

175(236)-x-180(228)-156(44)-110-80

10万ボルト/ラスターカノン/ボディプレス/鉄壁

 

調整

H:16n-1

C:アナライズダイサンダー(140)でD4エースバーンを最高乱数切り1発

 

積みエース②。ウツロイドを筆頭にファイヤーの苦手な相手がいたら選出していました。壁や鉄壁を加味すると地面タイプすら起点に出来る高スペックのポケモンでドラパルトの弱点である氷妖竜を強引にタイプ受け出来るためカプテテフ等にも役割が持てました。ボディプレスのおかげでポリゴン2や耐久サンダー、カイリューに対して強く出れたのも良かったです。

 

f:id:purplebell:20220413182417p:plain

ミミッキュ/命の珠

陽気/化けの皮

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

戯れ付く/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

スイーパー①。語る事のないポケモンで対面系の構築にはとりあえず入れとけ枠。無難に強かったです。

 

f:id:purplebell:20220413182434p:plain

ピクシー/アッキの実

図太い/天然

202(252)-x-136(244)-115-110-82(12)

ムーンフォース/瞑想/小さくなる/月の光

 

スイーパー②。最低なポケモン。小さくなるはサンダーの怪電波で詰むのが嫌で採用に至りましたが無限の勝ち筋を拾える技でコスモパワーより使用感が良かったです。サンダーポリラオスやミミエスバなどの対面駒に滅法強くて相手にDMさえ切らせた状態であれば1:3から逆転する事も珍しく無かったです。

 

相手のDMターンはこちらの積みエースを切り返すために使ってくれるためそのデメリットは気にならず壁が残っていれば詰めやすくなるので積みリレーとシナジーのあるポケモンだと思いました。ウオノラゴンやダストエスバとも分の悪くない勝負をする事が出来て放置・切断いっぱいされました。

 

f:id:purplebell:20220413182459p:plain 

エースバーン/ラムの実

意地っ張り/リベロ

155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)

火炎ボール/飛び膝蹴り/思念の頭突き/ビルドアップ

 

崩し枠。カバウツロやポリヒトデを破壊するために採用しました。有利対面でビルドを1回、カバルドン対面でビルドを2回合わせて3回積む事でHBカバルドンをキョダイカキュウで倒す事が出来ます。サイクル構築のカバルドンには吹き飛ばしがなかったので割り切った行動をすることが出来ました。ただランドロスをサイクル加入させた構築に対してはこのポケモンで崩すのが非常に困難だったのでランドロス入り受けサイクルに関してはファイヤーの選出を優先していました。

 

選出パターン

基本選出

f:id:purplebell:20220413181752j:plain+@2

f:id:purplebell:20220413181752j:plainf:id:purplebell:20220413181853j:plainor f:id:purplebell:20220413181946j:plainf:id:purplebell:20220413182024p:plainorf:id:purplebell:20220413182101p:plainが多かったです。

 

VSカバドヒド入り受けサイクル

f:id:purplebell:20220413182147j:plain+@2

 

苦手な相手

ヒヒダルマ

ドリュウズ

フェローチェ

ヒードラン

・カプレヒレ

 

終わりに

今月はマスボ級に上げて終わりの予定でしたが久しぶりに最終日に上位帯で戦えて楽しかったです。最後まで閲覧していただきありがとうございました。次のルールも楽しみです。

【S13最終2004/258位】ペンドラー軸月光バトン

S13お疲れ様でした。バトン構築でレート2000を達成する事が出来たので使用構築について書いていきます。

f:id:purplebell:20220413175825j:plain

結果

TN ちとせ

最終レート2004/258位

TN ちせくるす

最終レート2003/274位 

f:id:purplebell:20220413175845j:plain

構築記事

f:id:purplebell:20220413175901p:plainからf:id:purplebell:20220413180103p:plain要塞バトンが強いと思いこの2体からスタート。f:id:purplebell:20220413180103p:plainだと通しにくい悪タイプやウーラオス対策として2匹目のアンカーとしてf:id:purplebell:20220413180229p:plain採用しました。

 

初めはf:id:purplebell:20220413175901p:plainの初手DMからのバトン展開を考えていましたがf:id:purplebell:20220413175901p:plain役割を持てないサンダー等の特殊飛行ポケモンと対面してしまった際に積みを遂行する事が困難になったため、諦めて起点作りからのバトン展開をする事にしました。

 

先制挑発と両壁を使える汎用起点作りのf:id:purplebell:20220413180335p:plainを壁役に選択。次にf:id:purplebell:20220413175901p:plain軸のバトン展開では吹き飛ばしカバルドンや黒い霧ドヒドイデで止まってしまうので対策として2匹目のバトン役f:id:purplebell:20220413180543p:plainを採用しました。最後に殻を破るバトンとシナジーがある竜舞マルスf:id:purplebell:20220413180706p:plainを添えて完成です。f:id:purplebell:20220413180706p:plainアンカーバレしたくなかったので1番上に配置しました。初手DMを警戒させる狙いもあります。

 

個体紹介

起点作り→バトン要因→アンカー

f:id:purplebell:20220413180836p:plain

オーロンゲ/光の粘土

腕白/悪戯心

201(244)-140-116(164)-x-108(100)-80

ウルクラッシュ/リフレクター/光の壁/挑発

 

調整

B:特化ブリザポスのベビーボンバー耐え

特化水ウーラオスの鉢巻水流連打最高乱数切り耐え

D:C169ウツロイドヘドロウェーブ耐え

 

起点作り。積みの弊害となる補助技を挑発で封じつつ壁を展開する動きが無難に強かったです。積み技警戒で不利な相手でも挑発から入らざるを得ない場合が多々ありましたが大半の技を1発耐えるので特に困らなかったです。麻痺と混乱でおみくじをしてくるポケモンと初手で対面する事が多く壁ターンを稼がれたり両壁を展開出来ない事もあったので下振れ引かないようにお祈りしてました。

 

f:id:purplebell:20220413180850p:plain

ペンドラー/弱点保険

陽気/加速

167(252)-120-118(68)-x-89-171(188)

地震/アイアンローラー/鉄壁/バトンタッチ

 

調整

S:最速ウツロイド抜き

 

バトン要因①。環境に多くいる挑発レヒレで止まってしまうためDMバトンペンドラーを採用しました。具体的には挑発読みで上から鉄壁を積み残りの挑発3ターンをDMで耐久を上げながら凌ぐという流れを取ります。壁を盾に鉄壁を積むかDMで耐久を上げるかを相手によって選択する動きが強く弱点保険が警戒されなかったのも良かったです。

 

f:id:purplebell:20220413180914p:plain

ポットデス/白いハーブ

図太い/呪われボディ

167(252)-x-110(116)-154-134-108(140)

アシストパワー/ギガドレイン/殻を破る/バトンタッチ

 

調整

S:+2で最速ドラパルト抜き

 

バトン要因②。バトンパの天敵である飛ばしカバルドン や黒い霧ドヒドイデ意識で採用しました。仮想敵がいた場合にしか選出しませんでしたが活躍しました。ただ思ったよりは耐久がないです。

 

f:id:purplebell:20220413180926p:plain

ピクシー/食べ残し

図太い/マジックガード

202(252)-x-132(212)-115-110-86(44)

アシストパワー/ムーンフォース/瞑想/月の光

 

調整

S:+2で最速ウツロイド 準速エースバーン抜き 

+3で最速ドラパルト抜き

 

アンカー①。主にクレセリアが選出出来ない悪タイプやウーラオス入りに選出します。悪タイプ意識のムーンフォースと高火力打点のアシストパワーを優先する関係上炎技の採用を見送っています。ピクシーに宿り木の種が入ると積みが間に合わないため特性は天然ではなくマジックガードを採用しました。弱点の呪いを克服、定数ダメージ無効でHP管理がし易い、天然警戒で積み技を打たれないなどメリットだらけだったのでマジガで正解だったと思います。

 

f:id:purplebell:20220413180940p:plain

クレセリア/アッキの実

穏やか(A個体値0)/浮遊

227(252)-x-140-95-198(236)-108(20)

アシストパワー/身代わり/瞑想/月の光

 

調整

S:+2で最速ドラパルト抜き

 

アンカー②。要塞HDクレセ。物理方面はペンドラーの鉄壁や無効化されないダイスチルで耐久を上げられるため特防に振りました。特殊方面に対しては非常に強力で特化珠サンダーのダイジェットを良い乱数で2耐えする程の耐久があります。ただ選出誘導力がとても高いため相手の構築に悪タイプがいるだけで選出を渋ってしまいましたが天敵のいない構築に対しては異状な強さを発揮しており選出出来た時の勝率は1番高かったです。

 

f:id:purplebell:20220413180952p:plain

カイリュー/ラムの実

意地っ張り/マルチスケイル

197(244)-170(4)-145(236)-x-122(12)-102(12)

ダブルウィング/炎のパンチ/竜の舞/羽休め

 

調整

S:+2で準速フェローチェ抜き 

+3で+1最速サンダー抜き

 

アンカー③。主にポットデスの殻破バトンから展開します。バトン前提なので努力値は耐久ベースにしました。耐久を上げなくとも特性のマルチスケイルを盾に積みと回復を両立出来るため殻を破ると好相性でした。カバルドンへの役割を遂行するためにラムの実を持たせていましたが生きる場面は多かったです。

 

選出パターン

基本選出

f:id:purplebell:20220413180335p:plainf:id:purplebell:20220413175901p:plainf:id:purplebell:20220413180103p:plain

 

VS悪タイプ入り(ウーラオス含む)

f:id:purplebell:20220413180335p:plainf:id:purplebell:20220413175901p:plainf:id:purplebell:20220413180229p:plain

 

VSカバドヒド入り

f:id:purplebell:20220413180335p:plainf:id:purplebell:20220413180543p:plainf:id:purplebell:20220413180706p:plain(f:id:purplebell:20220413180229p:plainorf:id:purplebell:20220413180103p:plain)

 

VS受け攻めスイッチ

f:id:purplebell:20220413175901p:plainf:id:purplebell:20220413180543p:plainf:id:purplebell:20220413180229p:plainorf:id:purplebell:20220413180103p:plain

 

VS受けループ

f:id:purplebell:20220413180335p:plainf:id:purplebell:20220413180543p:plainf:id:purplebell:20220413180229p:plainorf:id:purplebell:20220413180103p:plain

 

初手DMペンドラー

f:id:purplebell:20220413175901p:plainf:id:purplebell:20220413180706p:plainf:id:purplebell:20220413180229p:plainor f:id:purplebell:20220413180103p:plain

 

対策切り

・黒霧レヒレ

・天然ピクシー

・悪戯心挑発ボルト

・滅びの歌

・気合い溜めピントレンズ

 

終わりに

受けループやカバ展開構築相手の勝率が高くなかったため改善が必要だと感じました。バトンは勝敗が相手の構築に大きく依存してしまう構築ですが使ってて非常に楽しかったです。